- RECOMMENDED!! -
スポンサーリンク

こんばんは。HAKUです。

今回は、マイクケーブルを購入してみたのでそのレビュー記事です。

 

皆さんはマイクケーブルって何をお使いでしょうか?

やはりカナレさんが定番でしょうかね?

 

HAKUもカナレのマイクケーブルを持っています。

割と普通に使ったりしていますが、宅録していると音に飽きる事ってないですか?

 

そういう時って、マイクやマイクプリアンプを変えたりしていますか?

まぁ、それをやると当然ですが、全然音質が変化しますよね!

 

でも、マイクケーブルでも音質は結構変わります。

今回紹介するYAMAHのマイクケーブルはカナレとは全然違ったキャラクターだったので紹介したいなと思い記事にしました。

 

何故ヤマハのマイクケーブルを購入したかと言うと、個人的にヤマハの音って高音にギラつきのある派手な音のイメージを持っているためです。

マイクケーブルにもその特徴があるかは疑問でしたが、試しに購入してみる事にしました。

 

HAKUが購入したマイクケーブルは、YBC03になります。

このシリーズは、YBC03,YBC05,YBC10とあり、3m,5m,10mとなっています。

YAMAHA YBC マイクケーブル

 

まぁ、宅録では3mあれば十分な長さですね。

ケーブルの見た目はこんな感じで割と高級感があります。

YAMAHA YBC03

 

コネクターはノイトリック製で金メッキ仕様になっています。

HAKU的には、価格からするとお買い得感のあるマイクケーブルに感じます。

YAMAHA YBC 端子

 

と言う事で、実際に録音してみました。

感想はと言うと、予想以上に良い音するじゃん!

 

って感じでした。

ケーブルもYAMAHAらしい高域にギラつきのある派手な音でした!笑

 

特にアコギの音は、AKGのC414 XL2との相性が良いらしく煌びやかな音に集音してくれました。

ボーカルは、ちょっと高域がうるさく感じましたが、レンジ幅が広くしっかりとした音だと思います。

AKG C414 XLⅡ

AKG ( アーカーゲー ) / C414-XLII
AKG C414 XLII


ボーカルも、同じくC414 XL2を使用しましたが、マイクに被せるタイプのウィンドスクリーンを使用しました。

これを被せる事で同じマイクでもアコギと違うキャラクターに集音してくれる事に最近気付きました。笑

 

折角なので試しにレコーディングしたサンプルをお聞かせしたいと思います。

青い月 Produced by HAKU

 

どうでしょうか?

アコギの煌びやかさは中々のものではないでしょうか?

 

ボーカルもちょっと高域がうるさく感じる部分がありますが、派手な音でよく目立っていると思います。

カナレ等のマイクケーブルを使用している方でいつもと違うキャラクターの音が欲しい時に一度試して頂ければと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

皆さん楽しいミュージックライフを!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事