- RECOMMENDED!! -
スポンサーリンク

こんばんは。HAKUです。

少し暖かくなってきた今日この頃、ちょっと困ってしまう出来事が。。。

 

長年愛用してきた、デジタルミキサー Roland VM-3100proが寿命を迎えようとしているようです。

マイクプリ部分が調子悪くレコーディングに支障が。。。

 

まぁ、買い換えるつもりはあったのですが、予算がないもので手当たり次第物色中です。

そんな中、面白そうなミキサーを見つけました。

 

最近、音楽からは離れていたので知らなかっただけかもしれませんが、、、

真空管搭載のミキサー ART TubeMixという商品です。

ART TubeMix

ART (エーアールティー)TubeMix

 

検索してみると、一年ほど前に発売した商品のようですね。。。

クラシカルなインターフェースがカッコいいではないですか!

 

ARTと言えば Tube MP はあまりにも有名な商品ですよね。

HAKUも使っていました。

ART Tube MP

ART (エーアールティー)Tube MP

 

ただ、HAKUはマイクプリアンプとしてはあまり使ってなかったかな。。。

ギターのアンプシュミレーターとかシンセサイザーをTube MPに通してレコーディングするととても好みの音になってくれたんです。

 

また、ボーカルも別のマイクプリアンプの出力をTubeMPに繋いでレコーディングすると、これまた見事にパンチが効いた好みの音でレコーディングできたんです。

まぁ、でもちょっと問題があって今はやってませんが。。。

 

マイクプリアンプを二つ通して日にゃ、ノイズの乗り方が半端ないんです。。。

いくら良い音でレコーディングできても、これでは使える曲が限定されてしまうので。。。

 

ちなみに、この手法でレコーディングした曲はこちらです。

NO WAR | Produced by HAKU

 

かなりロックな感じで、存在感のある音で録れてると思いませんか?

 

ノイズも音楽だぜ!

と言う、ロックなアーティストにはオススメできる手法ではありますね。

 

まぁ、最近のHAKUはアコギ主体でやりたいため、ちょっとこの手法は使えませんが、、、

ただ、この真空管搭載ミキサーだとどうなるでしょうね。

 

ノイズが少ないようであれば挑戦したみたい思いはあるのですが。。。

試しに買ってみるにはちとお高い。。。

 

悩むところですなぁ。

しばらくHAKUはミキサー選びに格闘しそうです。。。

 

あっ、でもその前にオーディオインターフェースが先かな?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事