カッコいいロックギターのリフで始まる曲3選。

こんばんは。HAKUです。

寒い季節ですが、空気が乾燥しているので音楽をやるにはもってこいですね。

 

このシーズンにレコーディングをするととても良い音で録れるのはありがたいですね。

まぁ、寒いですが。。。

 

さてさて、今回はHAKUがハマったカッコいいロックギターのリフが聴ける曲を3曲ご紹介ます。

定番の曲もありますが、最近の10代の若者達は知らない子達もいるかと思いまして。

 

最近流行りのリズミカルなギターとは違うのでどういう印象を持つかは分かりませんが。。。

 

では、まず一曲目はジミ・ヘンドリクスのパープル・ヘイズです。

JIMI HENDRIX | Purple Haze

 

Fuzzのかかった独特のギターが特徴的ですね。

まぁ、一昔前はロック好きであれば誰もが知ってる曲だったのではないでしょうか?

 

ジミヘンと呼ばれて、右利き用のギターを左に持ち替えて弾くスタイルは有名ですね。

また、火を放ったり、歯で弾いたりと、独特なパフォーマンスも有名です。

 

まぁ、HAKUも当然歯でギターを弾くのは、真似してみましたが。。。笑

 

次の曲は、レニー・クラヴィッツのロックンロール・イズ・デッドです。

Lenny Kravitz | Rock and Roll Is Dead

 

確か、CMソングにも一時期使われていた記憶があります。

 

この曲は、サーカスというアルバムに収録されているのですが、HAKUが若かりし頃にこの曲を聴いたときには物凄い衝撃を受けた記憶があります。

何度も繰り返し聴いていたのを思い出します。

 

最後は、クーラ・シェーカーのグレイトフル・ホエン・ユア・デッドです。

Kula Shaker | Grateful When You’re Dead


インド感漂う独特の曲調が衝撃的でした。。。

 

当時Oasisを筆頭にUKロックが流行っていた時代のアーティストですね。

結構好きだったのですが、あまりアルバムを出さずに解散してしまいましたが、今でもこの曲をたまに聴いています。

 

ジミヘンやレニーに比べるとクーラ・シェーカーはマイナーな部類に入るかもしれませんが、この曲が収録されているKは一度聴いてもらいたいアルバムになります。

まぁ、独特な曲調なので最初は違和感を感じるかもしれませんが、そうそう聴ける音楽ではないと思いますので、是非聴いてみて下さいね。

 

また、PCから音楽を再生するのにオススメのスピーカーについて紹介している記事がありますのでそちらも合わせてご覧頂ければと思います。

[getpost id=”323″]

 

それでは今日はこの辺で。

皆さんカッコいいミュージックライフを!

ドライブにおすすめの音楽。

こんばんは。HAKUです。

前回の記事で、デスクワークにおすすめの音楽を書いたので、その流れに乗ってみます。笑

[getpost id=”478″]

 

以前、HAKUは自分の歌いたい曲を流しながら大声で歌いながら車を運転してました。。。

B’zやらAerosmithやらBON JOVIやらを、、、笑

 

まぁ、ミュージシャンの中でもボーカリストなら殆どの人がそうなのではないかと勝手に思っていますが、、、

実際のところどうなのでしょう?

 

色々な人の意見を聞いてみたいところですが、紹介したい音楽はミュージシャン以外の方々にもおすすめな曲です。

今回の記事ではアルバムを3枚ご紹介したいと思います。

 

まずは一枚目はBrian Culbertsonの「Live from the inside」。

Brian Culbertson | Live from the inside

 

いや〜、本当にブライアン・カルバートソン好きですね。。。笑

 

ファンクのリズムでノリノリになれる一枚。

思わず自然に体が動き出してしまう程、躍動感溢れるアルバムです。

 

このアルバムは、ライブ形式でスタジオレコーディングしたようで普通のCDでは聴くことができないパッションと質の高い音質が同居しています。

ライブ感ならではのグルーブが高音質に聴けるという意味でもオススメです。

 

 

二枚目はギタリスト Nilsの「Ready To Play」。

Nils | Ready To Play

 

疾走感に溢れ、リズミカルで流れてくるメロディアスなフレーズが印象的です。

 

一曲目の出だしのギターのタイミングが気になって仕方ないですが、確かなテクニックと細やかな表現力に聴き入ってしまいます。

ギターで歌えるギタリストだなぁ〜と、感心してしまいますね。

 

三枚目はEURG GROOVEの「House Of Groove」。

Euge Groove | House Of Groove

 

サックスプレイヤーのユージ・グルーブのアルバムです。

 

サックスについてはあまりよく分かりませんが、ソプラノサックスでしょうか?

甘く優しいサックスの音色から繰り返されるフレーズ(リフ)が、溶けるように広がり、色鮮やかになっていく音楽を聴かせてくれます。

 

ちょっと、評論家っぽく書いてみました。笑

たまにはこういう書き方も良いかと。

 

ノリノリなアルバムではないですが、強すぎないグルーブ感が、サックスのフレーズをよりロマンティックに表現しているように感じます。

ただ、グルーブはしっかりあるので、軽めのノリでドライブにも良いと思います。

 

特に、気分をリフレッシュしながらドライブしたり、夜の雰囲気に浸りながらドライブするには良いんじゃないかと。

クールな雰囲気で夜を楽しむのもドライブの醍醐味かと。

 

今回ご紹介した3枚のアルバムは、スムース・ジャズと言われるジャンルになるかと思います。

このジャンルは、実力のあるアーティストが聴き心地の良い音楽を作っているので誰にでも勧められるジャンルになりますね。

 

ちなみに、この手のインストゥルメント系の曲を聴くなら、カースピーカーはアルパイン系が良いかな?と。

ただ、歌物メインで聴くならカロッツェリアがHAKUとしては好みでした。

 

カースピーカーって簡単に乗せ替えられないので選ぶのが難しいですよね。。。

やはり何度かカー用品店に足を運んで聴き比べるのが一番良いかもしれませんね。

 

でも、家でPCを前に聴くのでしたらこちらの記事で紹介しているFOSTEX PM0.3Hをオススメしたいと思います。

[getpost id=”323″]

 

また、前回の記事ではデスクワークにオススメの曲を紹介しましたが、今回の記事の3枚目で紹介したEURG GROOVEの「House Of Groove」。

こちらもデスクワークとの相性が良いのではないでしょうか?

[getpost id=”478″]

 

最後は少しそれてしまいましたが、今日はこの辺で。

それでは皆さん、素敵なミュージックライフを!

デスクワークをしながら聴くのにオススメの音楽

こんばんは。HAKUです。

ブログの更新に少し間が空いてしまいましたね。

 

ミュージシャンをしている人って割とブログを書いている人が多いんじゃないでしょうか?

そういう時って、皆さんどんな曲を聴きながら書いているのでしょう?

 

最近のHAKUは、ブログを書きながら聴くのは殆どスムースジャズです。

ただ、スムースジャズにもノリの良いものからゆったりしたものまで様々ありますが。。。

 

でもやはりブログを書いたりデスクワークに向くのはゆったりした曲かなと。

そして、個人的にオススメしたいアルバムは、以前ブログでもご紹介した事があるこの一枚です。

[getpost id=”66″]

 

Brian Culbertson(ブライアン・カルバートソン) の 「COLORS OF LOVE」

Brian Culbertson

最近やっと購入しました。

 

Brian Culbertson の楽曲はバラード系でも、結構ビートが効いている曲が多く、このアルバムでもその傾向はあります。

ただ、これまでのものよりビート感は抑えめになっているようです。

 

なんと言うか、リラックスしながら適度なR&B系のノリを感じられるアルバムに仕上がっています。

そのため、HAKUにとってはブログ等を書きながら聴くのにとても良い感じです!

 

勉強等には向かないかもしれませんが、比較的こなれた作業をやる分にはこれぐらいの方が良いかと。

また、ロマンティックな雰囲気なので、夜にコーヒーを飲みながら読書をするときにも合うかもしれませんね。

 

Brian Culbertsonを知らない皆さんに聴いて欲しい一枚です。

かなりリズムがはねているのですが、フレーズがとてもメロディアスなので心地よく感じると思います。

 

まぁ、百聞は一見に如かずという事で。

Brian Culbertson | Colors of LOVE / Apple MUSIC

視聴出来ますでしょうか?

こういう事をした事なかったので上手くいっているか不安ですが。。。

 

プレイヤーが表示されているか不安なのでリンクも貼っておきますね。。。

リンク先から視聴が可能なはずです。

 

聴いてみて、結構好きな人は多いんじゃないかと勝手に思うHAKUですが、良い雰囲気のアルバムだと思いませんか?

こういうのを簡単に視聴できる世の中って凄いですよね。。。(上手くいってるか不安ですが、、、)

 

まぁ、それでも未だにCDというメディアを購入してしまうHAKUですが、皆さんはどうなんでしょう?

HAKUはどうもメディアじゃないと落ち着きません。。。

なんか損をしている気分になってしまうんですよね。。。

 

ただ、商品リンクを貼りたいのですが、どうやらApple Musicで視聴できるようにしていると、貼り付けてはいけないようです。

まぁ、皆さんに曲を知ってもらいたいのでApple Musicを優先させることにしますね。

 

ご紹介した曲は如何だったでしょうか?

こういう音楽を聴きながら作業するのも悪くないと思います。

皆さんも素敵な一枚を探してみてはどうでしょうか?

 

また、HAKUはPCから音楽を快適に再生するためにスピーカーを購入しました。

こちらの過去記事で紹介していますが、ワンランク以上上の音質で聴く事が出来ます。

[getpost id=”323″]

 

リスニングに使用するのに小さすぎず、大きすぎずとても良いサイズだと思います。

そのため、音量を上げすぎなくてもしっかりとした音を再生してくれます!

 

クリアで艶やかな音に浸りながら作業するのは気持ち良いものですよ。

最後になりましたが、皆さんが素敵な音楽ライフを過ごせますように。

好きなピアニストは誰ですか?

こんにちは、HAKUです。

好きなピアニストは誰ですか?

 

そう聞かれたら、8割型「ブライアン・カルバートソン」と答えます。

ときおりクラシックも聞くので、その時は「アリス・紗良オット」かな?

 

HAKUはロックが好きなのですが、同じくらいファンクも好きです。

ノリのある音楽は心地良いですよね。

 

ただ、ブライアン・カルバートソンのジャンルはスムースジャズになりますが。。。

かなりファンク色の強いスムースジャズでしょうか。

 

ジャズは苦手だけど、ジャズっぽいお洒落な音楽が聞きたい人にはスムースジャズをお勧めします。

特に、このブライアン・カルバートソンのノリはテンションが上がります笑

 

まずそんなブライアン・カルバートソンから一曲お届けします。

Brian Culbertson | Get It On

どうでしょうか?

かなりノリノリになれたのではないでしょうか?

 

こんなにかっこ良くピアノを弾くアーティストも中々いないですよね笑

また、動画中でトローンボーンもかっこ良く吹いている多才ぶり!

 

憧れてしまいますね〜。

ちなみに、この曲が収録されているアルバムはこちらになります。

Brian Culbertson | Live From the inside

結構昔のアルバムになるので、置いてある店舗は少ないかもしれませんね。

ただ、5ヶ月程前に新しいアルバムを出したようです。

 

こちらは、R&B的な感じでしょうか?

しっとり聞かせるアルバムになっています。

 

バラード色のアルバムですが、ブライアン・カルバートソン特有のノリは健在ですね。

HAKUもたまにはこういう音楽を聞きたくなります。

 

それでは、いってみましょう。

ブライアン・カルバートソンで「 スルー ザ イヤーズ 」

Brian Culbertson | Through The Years

いかがでしたでしょうか?

先ほどとは打って変わって落ち着いた曲ですね。

 

この曲は「Colors of Love」というアルバムに収録されているようです。

HAKUもまだ購入していないので是非購入したいですね。

Brian Culbertson | Colors of Love

軽く視聴した限りでは、ピアノアルバムという訳ではなくバンドが入っていました。

いつもバンドが入っているので、ピアノオンリーのこの曲は新鮮でした。

ピアノオンリーのアルバムも聴いてみたいなと思うHAKUでした。