- RECOMMENDED!! -
スポンサーリンク

こんにちは、HAKUです。

好きなピアニストは誰ですか?

 

そう聞かれたら、8割型「ブライアン・カルバートソン」と答えます。

ときおりクラシックも聞くので、その時は「アリス・紗良オット」かな?

 

HAKUはロックが好きなのですが、同じくらいファンクも好きです。

ノリのある音楽は心地良いですよね。

 

ただ、ブライアン・カルバートソンのジャンルはスムースジャズになりますが。。。

かなりファンク色の強いスムースジャズでしょうか。

 

ジャズは苦手だけど、ジャズっぽいお洒落な音楽が聞きたい人にはスムースジャズをお勧めします。

特に、このブライアン・カルバートソンのノリはテンションが上がります笑

 

まずそんなブライアン・カルバートソンから一曲お届けします。

Brian Culbertson | Get It On

どうでしょうか?

かなりノリノリになれたのではないでしょうか?

 

こんなにかっこ良くピアノを弾くアーティストも中々いないですよね笑

また、動画中でトローンボーンもかっこ良く吹いている多才ぶり!

 

憧れてしまいますね〜。

ちなみに、この曲が収録されているアルバムはこちらになります。

Brian Culbertson | Live From the inside

結構昔のアルバムになるので、置いてある店舗は少ないかもしれませんね。

ただ、5ヶ月程前に新しいアルバムを出したようです。

 

こちらは、R&B的な感じでしょうか?

しっとり聞かせるアルバムになっています。

 

バラード色のアルバムですが、ブライアン・カルバートソン特有のノリは健在ですね。

HAKUもたまにはこういう音楽を聞きたくなります。

 

それでは、いってみましょう。

ブライアン・カルバートソンで「 スルー ザ イヤーズ 」

Brian Culbertson | Through The Years

いかがでしたでしょうか?

先ほどとは打って変わって落ち着いた曲ですね。

 

この曲は「Colors of Love」というアルバムに収録されているようです。

HAKUもまだ購入していないので是非購入したいですね。

Brian Culbertson | Colors of Love

軽く視聴した限りでは、ピアノアルバムという訳ではなくバンドが入っていました。

いつもバンドが入っているので、ピアノオンリーのこの曲は新鮮でした。

ピアノオンリーのアルバムも聴いてみたいなと思うHAKUでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事